駐車監視機能付きドライブレコーダーの設置

このエントリーをはてなブックマークに追加

東名でのあおり運転で死亡事故が報道されて以来、連日の様に危険運転の映像がテレビで報道されています。
自己防衛のためにもドライブレコーダーの設置は必須と考え、元々ドライブレコーダーを設置していたのですが、
今回は当逃げ対応の為に駐車監視機能付きドライブレコーダーを新たに設置する事にしました。

駐車時にドライブレコーダーを動作させておくとバッテリー上がりにつながるので、電源はモバイルバッテリー
を使用する事にしましたが、一つ問題が発生しました。
駐車監視時のドラレコはバッテリー上がりを考慮して、バッテリーの電圧が11.8V以下になると動作を中止して
しまいます。
一方、モバイルバッテリーの出力電圧は11.8Vを下回っていました。
そこで昇圧タイプのDC-DCコンをドラレコとモバイルバッテリーの間に挟み、常時ドラレコの入力電圧を12Vに
維持される様にしました。
また、運転中はモバイルバッテリーに充電し、駐車中は充電経路をリレーで遮断する様にしました。

これで車のバッテリーを気にせずに、駐車監視をさせる事が出来ます。
以下が制御部ですが、制御部とモバイルバッテリーは助手席の下に配しました。

2017年10月30日 | カテゴリー : 電気屋 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」