空調システムの構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンルームを設置して20年程経ちますが、旧年床を張替えました。
サンルームは外気温の影響を受け易いので、夏場は50℃以上に冬でも40℃超えになります。
そこで夏場の日中はサンルームの熱気を換気扇で外には排出する様にし、夜は涼しくなったサンルームの空気を
別の換気扇で室内に取り入れ、幾ばくか室温を下げる様にしています。
一方、冬場の日中はサンルームの温かい空気を室内に取り込み、室温を上げる様にしています。
相当暖房効果があると思います。
換気扇のパワーが然程無いので効果は小さいですが、それらの換気扇は市販のデジタル温度計(サンルームと室内の
2箇所に設置)のセンサー電圧をオペアンプで増幅しそれらの出力電圧をプログラマブルタイマーに入力して各換気扇を
ラダー図にて制御しています。
これからは、寒くなるので暖房効果の程を楽しみにしています。

2018年10月11日 | カテゴリー : 電気屋 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」