エアコンの設置

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏の暑さを来年は経験したくなく、リビングにエアコンを設置する事にしました。
シンプル機能のエアコンにしました。
ちょっと大きめのサイズのエアコンにしましたので、電源は単相200Vでした。
リビングにエアコン専用のコンセントは設置されていましたが100Vでしたので、200V用の子ブレーカーを入手して
子ブレーカーの配線変更工事をしました。

配管、VVFケーブル、ドレイン管、アース棒を入手して室内機と室外機との接続工事を行いました。
配管は少し長めの配管を購入し、ジャストの長さに配管を切断してフレア加工をしトルクレンチにて接続しました。
エアパージを行った以降、ゲージの指示値が変更しないか(エア漏れしていないか)を確認した処、微妙に真空度が下がって
いる事(エア漏れが発生)が判明しました。
フレア加工した面が原因である可能性が大でしたので、フレアの接触面を800番の紙やすりで鏡面加工して削り屑をきれいに
取り除き、再度接続しエアパージ後にゲージ指示値の変化が無い事を確認しました。
フレアの接触面はちょっとしたゴミでもエア漏れの原因になりますので、細心の注意が必要ですね。
ちょっとした問題はありましたが、エア漏れチェックを行いましたので大事には至らず無事設置工事は完了しました。

2018年10月29日 | カテゴリー : 電気屋 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」