インターホンのカバー作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターホン子機のカバーを従来は木材で作成して使用しており定期的にキシラデコールを塗ってメンテナンスをしていましたが、
風雨と紫外線の影響が大で変形及び劣化してしましました。
それでアクリル板でカバーを作成しました。アクリル板も紫外線で劣化しますが、ワックスを定期的に塗れば木材よりも保つと思います。
透明のアクリル板ですので、広角カメラ画角を妨げずクリアーな画像を提供してくれます。
見た目も圧迫無くスッキリとしています。

2019年2月27日 | カテゴリー : 電気屋 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」