塗装剥がし機の作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

塗装剥がしブラッシを電ドラに装着すれば、旧塗膜を剥がす事ができますが、電ドラのLOWスピードでも
回転が速くもってかれてしまい、狙った処の塗膜を剥がせず作業効率が悪くなってしまいます。

そこで非常に回転数の低いユニットがありましたので、それにブラッシを取り付ける事にしました。
ユニットの軸とブラッシの軸とのジョイント部をアンカーを加工して作成しました。

DSC01083

DSC01084

DSC01085

2015年12月8日 | カテゴリー : 工具 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」