木の伐採

このエントリーをはてなブックマークに追加

太さ20~30cm、高さ6~7mの枯れ木をエンジンチェンソーで伐採しました。

伐採する木の廻りは他の木が邪魔をして倒す事が出来ませんでしたので、ダルマ落としの要領で行いました。

先ず地面から1mの高さで楔状の切れ込みをチェンソーで入れ、その反対側にも同様の楔の切れ込みを入れました。

両楔は木の中央で皮一枚残す様にして固定しました。その後はコノキリで楔の上部を叩いて切り離しました。

以上の事を何回か繰り返して処理しました。

 

dsc01320

 

2016年9月12日 | カテゴリー : 庭の手入 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」