ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

駐車場屋根パネルの張替え

20年程前の駐車場屋根のアクリルは、紫外線により焼けたり、変形したり、劣化で割れたりしていました。
張り替えるパネルは、両面耐候性仕様のポリカーポネートにしました。

尚、パネルの固定は、縦方向は抑え金具をビス止めですが、横方向は樹脂押さえが溝に圧入されているだけでしたので、
膨張と収縮の経年変化で樹脂押さえがずれていました。
よって張り替える際に樹脂押さえに等間隔で穴を開け、樹脂抑えを本体フレームにビス止めしました。

これで押さえがずれる事もなく、風で下から煽られてもパネルをしっかりと支持する事と思います。

2019年1月7日 | カテゴリー : リフォーム | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」

ウッドデッキの解体

ウッドデッキは定期的に手入れをしていても、木材が重なった部分などの水はけの悪い部分は手入れが行き届かず腐ってしまいます。
一見しっかりしている様でも体重をかけると少しでも沈む所は、その下の部分は大分腐っていますね。
この様な手入れ出来ない部分は、ウリン/アマゾンジャランなどの耐久性のある木材を使用した方が長持ちしますね。

一般的な木材で作成したウッドデッキは寿命が来て解体を依頼される事がありました。
一般ゴミで出せる大きさにチェンソーで切断しながら、解体していきました。
この様にすれば、解体した廃材をビニール袋に入れればそのまま捨てられます。
廃材はお客様で処理して頂きますが、廃材まで処理する業者の約半値で対処出来ます。

2019年1月7日 | カテゴリー : リフォーム | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」

ドラレコ駐車時のバッテリーの作成

我が家の車には、駐車時も録画可能なドラレコを搭載しています。
駐車時の電源は車のバッテリーを使用する事もできますが、バッテリー上がりが心配で専用電源を設ける事にしました。
専用電源は、チャージャー、バッテリー自体に、過充電、ショート時の保護機能が備わっており、重量が軽いリチュームイオン電池を選択しました。
4本同時に充電出来るチャージャーと公称値3.7Vのリチュームイオン電池をネットで入手しました。
チャージャーは電池一本ずつ個別に充電しますが、駐車時は電池を直列接続して12V以上の電圧をドラレコに供給します。
それを実現するために各電池のプラス極、マイナス極及びチャージャーのプラス/マイナス極をリレーにて制御する事にしました。
走行時は電池の各極がチャージャーの各極に接続し、駐車時は電池の各電極をチャージャーの各電極から切り離し電池を直列接続します。
充電電流は500mA、ドラレコの駐車中の消費電流は約220mAですので、1時間乗車すると2時間駐車中にドラレコを動作させる事ができます。

尚、筐体はホームセンターで入手出来るポリプロピレン製の小物入れケースを加工して使用しました。
断面サイズがちょうど良いケースがありましたが、奥行きがあり過ぎたのでケースの上蓋を上下に重ねて筐体としました。
また筐体の固定はネオジム磁石を使用して脱着を容易にしました。

以下はリレー制御部、バッケリー/チャージャー/リレー制御部及び助手席下に設置した写真です。

2018年12月24日 | カテゴリー : 電気屋 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」

水道水の節約術

人口の減少で水道事業の維持費が膨れ民営の力を活用して、この難関を乗り切るなどの案が出ていますが。
何れにしても水道料金が上がる?事に対して自衛策を考えなければ、ならない様ですね。
24時間風呂であれば常時水を循環させて浄化しているので、常に綺麗な状態を保っています。
よって水の補給は最小限で済みますし、自衛手段の一つですね。
それに加え、何時でも風呂に入れる、バスタブの掃除をする必要が無い、ソーラパネルを備えて
いれば災害時でも風呂に入れる等のメリットもあります。
ただ、維持費(電気代)もそれなりにかかりますが。

2018年12月9日 | カテゴリー : リフォーム | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」

庭木の伐木

2階の屋根よりも高い庭木(6~7m)の伐木をする依頼を請けました。
全て一人で行うので、先ずは電動ノコで枝を下から払いました。

その後に幹を40~50cm程ず切断して短くして行きます。
4mになった処で根本から幹をチェンソーで伐木しました。
枝を払う際は落ちない様に皮一枚を残す様に切りますが、万が一全て切っても
落ちない様にローフで幹と縛りました。
この様に作業する前にどの様な手順で作業をするかをイメージします。
更に作業中もどの様な対処をすれば、より安全に作業が出来るかを考えます。
また作業中少しでも不安を感じた場合は、安全だと思う対処を施します。

以上の様に作業工程をイメージする、それが出来ればホボホボ上手く行きます。
後は、常にどの様にすればより安全かを考えながら作業をしていく事です。

2018年11月25日 | カテゴリー : 庭の手入 | 投稿者 : 便利屋「なかがわ」